横浜関内 伊勢佐木長者町|消化器内科 胃腸内科 肝臓内科 内科 内視鏡内科 内視鏡検査

〒231-0028 神奈川県横浜市中区翁町1-4-1
アルテマリンウェーブビル2階

お問い合わせ 045-222-9533

アクセス
MENU

ピロリ菌感染症の概要

ピロリ菌とは

ピロリ菌は、胃の中にいる細菌です。
胃潰瘍の約7〜8割、十二指腸潰瘍の約9割に関わっていると考えられています。 感染するのは幼少期のため、成人ではほとんど感染しません。最近は衛生環境が改善されているため、若年者の感染率は低くなっていますが、ご高齢の方の幼少時に既に感染していることがあります。従って、今後感染者が減少すると期待されています。


治療について

健診でも保険診療でも胃内視鏡を施行し、胃がんの無い事を確認し、慢性胃炎あるいは、胃十二指腸潰瘍瘢痕を認めれば、保険診療でHelicobacter pylori(H.pylori)、ピロリ菌を退治する除菌療法をお受けいただけます。
1次除菌成功率は現在90%以上ですが、やはり1次除菌不成功の方も少ないながらいらっしゃいますので、2次除菌までは保険診療で可能でほぼ100%近く除菌成功します。
但し、ペニシリンアレルギーのある方は残念ながら除菌できませんので、2次除菌も不成功だった方と同様に、半年毎の胃内視鏡検査をお受けいただき、早期発見・早期治療を目指しています。
除菌成功後は、昔ピロリ菌がいた事による腸上皮化生の胃粘膜に別のストレス加わり胃がんが発症する危険性があるため、消化器内視鏡専門医・指導医が年1回定期的に胃内視鏡を施行します。

ピロリ菌感染症

TOP
WEB予約
24時間簡単
WEB予約