横浜関内 伊勢佐木長者町|消化器内科 胃腸内科 肝臓内科 内科 内視鏡内科 内視鏡検査

〒231-0028 神奈川県横浜市中区翁町1-4-1
アルテマリンウェーブビル2階

お問い合わせ 045-222-9533

アクセス
MENU

潰瘍の概要

主な症状

胸焼け、げっぷ、吐き気、嘔吐、食べ物のつかえ感、胸痛・腹痛、吐血、下血(肛門からの出血)、貧血、貧血から来る動悸・息切れ・疲れやすさ、食欲低下、体重減少などがあります。

胃潰瘍

胃酸の影響を受け、胃粘膜に潰瘍を形成するものを胃潰瘍といいます。食後に症状が多く出やすいと言われますが一概に言えません。ヘリコバクターピロリ菌の発見後は、感染と鎮痛解熱剤(非ステロイド性抗炎症剤)が2大病因であるといわれています。また、ストレスも潰瘍の原因となります。

十二指腸潰瘍

主に十二指腸の入り口である球部の壁が傷つく病気を十二指腸潰瘍といいます。最近ではヘリコバクターピロリ菌が深く関係していることが指摘されています。食前に症状が多く出やすいと言われますが一概に言えません。ただ、今でも放置する事で十二指腸潰瘍穿孔し緊急手術、再発を繰り返し十二指腸狭窄で手術が必要な事があります。患者様ご本人ができることは、喫煙を控えること、ストレス解消、過労にならないように気をつけリラックスできる時間を作ること、睡眠、暴飲暴食をしないこと等です。

潰瘍

TOP