横浜関内 伊勢佐木長者町|消化器内科 胃腸内科 肝臓内科 内科 内視鏡内科 内視鏡検査

〒231-0028 神奈川県横浜市中区翁町1-4-1
アルテマリンウェーブビル2階

お問い合わせ 045-222-9533

アクセス
MENU

大腸内視鏡検査の概要

大腸内視鏡検査とは

消化器内視鏡専門医・指導医が、OLYMPUSのPCF-H290ZIを用いて、最大110倍の拡大内視鏡検査、さらに進化したNBI(Narrow Band Imaging:狭帯域光観察) による粘膜表層構造が強調表示される事により 、大腸の病変の早期発見に努めています。

大腸内視鏡検査について

肛門、直腸、S状結腸、下行・横行・上行結腸、盲腸までを観察し、必要があれば、細胞採取(生検)検査を行います。 その場で切除可能なポリープは切除、即ち、ポリペクトミーや粘膜切除(EMR)といった治療も可能です。但し、開腹しない外科手術と同じですので、最低1週間の安静と、食事の制限が必要です。



前処置について

7日あるいは3、4日前から、残渣として残りやすい、キャベツ・レタス・白菜・ごぼう・れんこん・ねぎ・たまねぎ・にんじん・もやし・かぼちゃ・トマトなどの繊維質の多い野菜、きのこ、海草類、果物・豆類・ゴマ・とうもろこしなどの粒々のある物は召し上がらないようにしてください。

血圧、心臓の薬はお水・お茶で飲んでから、おいでください。

血液を固まりにくくするお薬は、休薬が必要になる事があります。



検査前日

昼間の時間帯は、水分をたっぷり飲んで、眠前に下剤:ビーマス6錠とピコスルファート10mlをコップに全量入れて、さらにお水を追加して飲んでください。



検査当日

当日朝食からお食事は召し上がらずに、水分はたっぷり飲んでください。ムーベンorモビプレップ(腸の中の残渣を洗い出す腸管洗浄剤)を10-15分毎に200~360ml、2~2.5時間かけて飲んでいただくと1リットル飲み終わる頃から(1〜1.5時間すると)下痢が始まります。ムーベンは2リットル飲み終わり、水様便となり、固形便が混じっていなければ前処置終了です。 ムーベン・モビプレップは残渣といっしょに、そのまま排便されますので、ムーベン・モビプレップ1リットル飲んだら、他の飲み物、お水・お茶を500ml飲用し、残りムーベン1㍑飲んだら、他の飲み物、お水・お茶を全部で1リットル以上、受診される時までに飲んでください。血液の流れをよくするお薬は、休薬が必要になる事があります。

当院では、苦痛軽減のため、コンシャス・セデーションといって、鎮静剤を静脈注射して、意識レベルを落としてから検査施行します。 その時の条件で、軽く意識レベルが低下する場合から熟睡まであります。従って、検査後の乗り物の運転・ご予定は、お控えください。



検査後に

検査後、30分から1時間すれば飲水・食事可能です。それまでは、口をゆすぐ位でお願いします。生検検査、ポリペクトミーや粘膜切除(EMR)を行った場合は、さらにもう30分して、食事が可能となります。生検検査、ポリペクトミーや粘膜切除(EMR)を行った方は、最低1週間はアルコール、タバコ、辛い物、味の濃い物、脂っこい物、消化に悪い物はやめて、柔らく消化のよい物を召し上がってください。

大腸内視鏡検査費用(鎮静剤あり)

 
1割  2割  3割 
大腸内視鏡(観察のみ)3,000円前後 6,000円前後 9,000円前後
大腸内視鏡 + 1臓器 4,000円前後 8,000円前後 12,000円前後
大腸内視鏡 + 2臓器 5,000円前後 10,000円前後 15,000円前後
大腸内視鏡 + 3臓器 6,000円前後 12,000円前後 18,000円前後

大腸内視鏡検査について

PDFのダウンロード

大腸内視鏡検査

TOP
WEB予約
24時間簡単
WEB予約